Category : WIN×MAC交わらない平行線?

Windowsならではのメリット

Windowsの強みはなんと言ってもビジネス現場のスタンダードであることです。ほとんどの会社が導入しているのには訳があります。世界で最も使われているOS。デメリットも含めて、考えて見ましょう。

シェアNo.1!ビジネスにWin!

iPhoneやiPadの影響か、最近ではMac人気が非常に高まっているように思えます。ですが、結局、まだまだビジネスの現場ではWinが優勢と言えるでし ょう。 Windowsのよいところは、早い話が「みんな使っている」と言う点です。日本で見ても、世界で見ても、シェアは昔から No.1。ファイル一つにしても、結局Windowsで開けないものは仕事では通用しません。

もちろんMacでも、Windowsと互換性のあるファイルを作成することはできますが、その一手間がビジネスでは命取り。ミスや作業時間と言ったリスクがある以上、 はじめからWindowsを使っておく方が賢明であると言えます。

ソフトの中心はWindows?

仕事で使うソフトウェアを開発する場合、よほどの制約がない限りWindowsで操作するものだけを作ります。先にも触れたように、Macはビジネスにおいてシェアが少なく、 開発しても使われる場面が少ないからです。 Windowsで使える便利なソフトが開発されればされただけ、会社での使用マシンは自ずと決まります。互換性という越えられない壁は、仕事においては非常に重要であると言えます。

弱点とはいったい?

Windowsの弱点は、実は挙げていくときりがありません。Macはハードウェアを基準としてOSを作っています。安定性が高いのはこのためです。しかしWindowsはMicrosoftが示した基準に向かって 各メーカーがハードウェアやパーツを作ります。 動作テストは行っているものの、ハードとハード、ハードとソフトの相性などが原因で、しっかり動かない場合も珍しくはありません。Windowsがおかしいのかパーツがおかしいのか、 どこに問い合わせるべきかも非常に迷ってしまいます。 Windowsは現在でも世界において多くの支持を得ています。今後も更に進化を遂げ、弱点も克服していくでしょう。周りの人たちが使っているOSを確認してください。 きっと四色のフラッグが、風になびいていることでしょう。

WindowsとMacのどちらを選ぼう? [パソコン・PC] All About

Recommend