Category : プラスアルファを極めよう

HDDとこんなに違う?SSDを導入しよう

パソコンのストレージは従来のHDDからSSDに移行していっています。今日リリースされているほとんどのパソコンはこのSSDを搭載しています。また、オリジナルで搭載されていてHDDをSSDに変更する人も多くなってきています。

漠然とSSDがいいものだとは知っていても、その正体がイマイチつかめていない人も多いのではないでしょうか?そもそもSSDって何?という人もいるかも知れません。今回はこのSSDについての入門的な知識を今一度おさらいしてみましょう。

SSDについての基礎知識

まずは「SSDとは」という基礎的な話から入りましょう。SSD(Solid State Drive)とは、「フラッシュメモリ」を使用した記録媒体です。従来のパソコンに搭載されていたのは「HDD」、いわゆるハードディスクですが、SSDもデータを保存するという役割としては全く同じものです。

PCを起動するためのブートディスクとして使用できるという点もHDDと同じです。PC側はSSDをHDDとして認識するのでOSを内蔵することができるのです。外付けのタイプだけではなく、SSDを内蔵しているノートパソコンが多いのもそのためです。

HDDからの劇的な変化!SSD導入のメリットとは?

続いて従来のHDDとの違いを見ていきましょう。一番の違いは書き込み、読み込みの速度です。一度使ってみればその違いは明らか。特に内蔵ストレージとしての効果は目を見張る物があり、電源ボタンを押してからデスクトップが表示されるまでの時間は、HDDのそれから大幅に短縮されます。

二つ目の違いは静音性です。内蔵や外付けのHDDの音を煩わしく感じたことはないでしょうか?SSDはHDDとは違い、物理的なディスクへの書き込みがないのでとても静かです。パソコンで音楽を聴く際などは特に快適です。

三つ目の違いは耐久性です。物理的な書き込みを必要としないということは、必然的に衝撃に強くなっているということです。このメリットは持ち運んで使うノートパソコンで活きてくるでしょう。ノートパソコンに衝撃が加わってしまうような場面は、意外とあるものです。

省エネなのも地味ながらうれしいメリットです。カフェでPC作業をするビジネスマンでであればいつも店内で電源を確保出来るとは限りません。ノマドワーカーにはSSDは必須と言えるでしょう。

改善が期待されるデメリット

こうして見るとSSDにデメリットはないかのように見えます。しかし、メリットしかないのであればSSDはすべてのHDDに取って代わっているはずです。残念ながら現状ではSSDも完全無欠というわけではありません。

代表的なデメリットは容量です。SSDのストレージ容量はHDDの容量には及ばないというのが現状です。1TといったHDDに迫る容量のSSDも市販されていますが、HDDの数倍の価格となり、気軽に手を出せる値段ではありません。容量と値段の面でコストパフォーマンスを考えるとやはりHDDを選択することになるでしょう。

もちろん開発自体は日進月歩で進んでいます。容量の増加とともに、価格自体も下がっていくでしょう。内蔵SSDと外付けHDDという組み合わせで運用していくのも賢い方法です。

デメリットを考慮してもSSDを導入する価値は大いにあります。特にノートパソコンであればその効果は絶大です。SSD搭載PCや、外付けのSSDを利用してその性能を実感してみてください。

Recommend