Category : プラスアルファを極めよう

いい音で聴こう!パソコン音質向上術

今や音楽再生はCDプレーヤーではなくパソコンなどのデジタルデバイスで行う時代になりました。その主な原因は音楽をデータで取り扱うようになったことでしょう。数千枚のCDに相当する音楽データがハードディスクに収納できるようになり、曲の管理が飛躍的に楽になりました。

ファイルの管理面では圧倒的にデジタルデバイスに軍配が上がりますが、音質の面では従来の音楽再生機器が勝っているでしょう。パソコンにもスピーカーは内蔵されていますが、あくまで「音を出すため」のシンプルなつくりになっており音楽好きの耳をうならせるものではありません。今回はパソコンのオーディオ環境改善のための初歩的な方法を探っていきたいと思います。

スピーカーにこだわる!

現在ではデジタルデバイス用のスピーカーも多数リリースされています。安価なものでも接続すれば、パソコン内蔵スピーカーでの音よりは良くなるでしょう。オーディオマニアが買うようなハイエンドなものもリリースされていますので、音質向上を望むならどんどんクラスアップしてもいいかもしれません。

具体的には光デジタル出力のスピーカーがオススメです。ノイズの少ない鮮明な音が楽しめます。時点でオススメなのはUSB接続のタイプです。ステレオミニジャックで接続するタイプのスピーカーもありますが、ノイズが多くデジタルオーディオとしてはあまりおすすめ出来ません。

広い部屋でデバイスとスピーカー間の距離をとりたい場合はBluetooth接続のスピーカーを使うという手もあります。一昔前であれば有線接続のスピーカーとの音の差は歴然でしたが、現在は遜色ないと言われています。なにより、配線を必要としないのは大きなメリットです。

ファイル形式を変える

出力する機器がハイエンドなものでも音楽ファイルそのものの音が悪ければどうしようもありません。なるべくCD音質に近いファイル形式を選んで、PCに取り込む必要があります。代表的な音楽ファイルの拡張子をおさらいしてきましょう。

まずはWAVです。WAVは無圧縮の音楽ファイル形式で、ほぼCDと同等の音質と言われています。一分あたりおよそ10MBの容量となります。

次にMP3。MP3はWAVとは対象的に圧縮形式の音楽ファイルです。WAVの約十分の一の容量で音楽を取り込むことが出来ますが、音質を犠牲にします。その扱いやすさから今一番普及している拡張子なので、名前ぐらいは耳にしたことがあるかもしれません。

最後にAACです。iTunesでは標準の拡張子になっており、特に設定を変えないかぎりiTunesにCDをインポートする際はこのAACになります。細かな違いはありますが、ファイルサイズ、音質共にMP3と同等です。

音楽をファイルとして取り扱う以上、CD音質にいかに近いかが重要と言えます。したがって、音質にこだわるなら無圧縮のWAVが一番でしょう。ここでネックとなるのがファイルサイズとなります。ヘビーな音楽リスナーならあっという間にストレージがいっぱいになってしまうでしょう。大容量のHDDは音を出す機器ではありませんが、デジタルオーディオにはマストアイテムとなってくるかもしれません。

10,000円以下で手に入るスピーカーと、ファイル形式の変更だけでも音質は飛躍的にアップします。追求すると従来のオーディオ以上に深い世界が広がっているのがデジタルオーディオ。音楽好きなPCユーザーは足を踏み入れてみると面白いかもしれません。

Recommend