Category : プラスアルファを極めよう

マルチモニターで作業能率アップ?

マルチモニターで快適環境を実現しましょう。今やパソコンは2画面3画面が当たり前。ネットデバイスである、タブレットを利用することだって出来ます。また、スマホをテレビに繋げば、違った意味でもマルチモニターにもなるでしょう。

壁一面のディプレイが示すものとは?

株やFXをやっている人が、テレビで取材を受けているのを見たことはありますか?「もうかっていてうらやましい」もちろんそれはそうですが、注目してもらいたいのはデスクの上。もの凄い数のディスプレイが縦横に置かれています。マルチモニターは仕事効率化に効果的だ、という実例のひとつです。

パソコンの画面は広いですが、複雑な仕事はもっと広いスペースを要求します。そんな時は隣に一つ、ディスプレイを追加してみるのはいかがでしょう?

どんなパソコンでもマルチモニターは実現できます

マルチモニター環境を作り出すためには、まずPCが対応しているかが重要です。映像出力端子が複数あるものであれば、たいていは繋ぐだけで大丈夫です。しかしノートパソコンやミニデスクトップの場合、こうした端子が見当たらないことも。

そんな時には、安く手軽に使えるUSBディスプレイの導入をお勧めします。なんといっても、USBポートに繋ぐだけでデュアルディスプレイ環境が出来てしまうのが利点です。製品自体も小さいので、机の上でも邪魔になりません。

タブレットをモニター代わりに?

マルチモニターを作り出すには、何もディスプレイが必要というわけではありません。iPadなどのタブレットとパソコンに専用のアプリを入れれば、なんと無線でデュアルディスプレイが実現してしまいます。

注意点としては、同じWi-Fiネットワーク上にいなくてはならないこと。デュアルディスプレイ中はタブレットの電力が著しく早いスピードで低下するので、必ずコンセントにつなげておくことが挙げられます。

ワイヤレスなので若干反応は遅いですが、書類を制作する際、となりに資料を映し出しておけるのは非常に便利です。また、Twitterなどのタイムラインを表示させておいたり、音楽プレイヤーのウィンドウを起動させておいたりと、エンターテインメント的な使い方も出来ます。

新しいテレビの活用方法

マルチモニターとは少し違いますが、スマホの画面をテレビに映し出すことも出来ます。細かい操作はスマホで行い、動画などは大画面で楽しむ、といったことが出来ますので、リビングなどでの使用をお勧めします。また、ゲームで利用するのも迫力があって楽しそうですよね?

マルチモニターを実現して、普段の仕事を早めに切り上げ、家族の待つリビングに向かいましょう。お子さんに、「早くスマホでゲームしようよ!」と、ねだられてしまうかも?

Recommend