Category : WIN×MAC交わらない平行線?

Macがクリエイターに人気な訳

昔から、CGや音楽などの制作はMacと相場が決まっていました。クリエイターの中には、「Windowsなんて触ったこともない」という人までいます。デザイナーやミュージシャンの心を掴んで離さないMacには、どんな特徴があるのでしょうか?

わずらわしい操作に、時間を取られたくない人へ

一度使えば離れられなくなる程に、Macのユーザーインターフェイスは快適です。徹底的にこだわり抜いてデザインされているだけあって、動作は非常になめらかです。何かしようと考えた時、自然にどうすれば良いかわかる直感的な操作感は、クリエイターでなくても十分魅力を感じるでしょう。

クリエイティブな制作を行う人にとって、PCの操作というのはとにかく面倒なものです。「この点をここに移動したいだけなのに!」とイライラしてしまう人も多いでしょう。ソフトウェアの作りにもよりますが、やはりWindowsにくらべて、Macは操作感が優れています。余計なことに頭を使いたくないと考える人々への、大きなアドバンテージでしょう。

美しいデザインが創造性に火をつける

システム標準で採用されているフォントを比べてみても、いかにMacが美しさを追求してOSをデザインしているかがわかります。きれいなフォントは、それだけで創造性を刺激します。グラフィックを扱う人だけでなく、文章を執筆するライターですら、Macを非常に高く評価するのはこのためです。

Macのデザインはディスプレイの中だけに収まりません。本体ハードウェアも、ため息が出るような美麗なフォルムを有しています。「所有するだけで、いい作品が作れる気がする」といった精神論が飛び出すほど、Apple社のこだわりは、クリエイターたちから高い支持を集めています。

環境はMacを求めている

印刷業界では、昔からMacを業界標準として使用してきました。音楽業界や映像業界においても、名の知れたスタジオにはMacが置かれています。長年使われてきた環境を、無理に変える必要はなく、今でもMacはクリエイティブな仕事の横で存在感を放ちます。最近ではWindowsも増えてきたと言われていますが、たいていはコストの問題でしょう。

Macが評価されるのは、1に操作性、2にデザイン、そして3に業界での立ち位置です。Windowsでも十分可能なのに、それをしないのは、センシティブな感性を持ったクリエイターたちならではのこだわりなのでしょう。

Recommend