Category : 目的別にみるデバイス選択

ヤフオク!はデジタルデバイスの山?

デジタルデバイスを購入するのに欠かせない場所と言えばやはり「ヤフオク!」です。流行り廃りの多いデジタル機器は、中古市場にも出回りやすいと言えます。うまくいけば最新のアイテムを破格の値段で競り落とせる可能性も?ヤフオク!の始め方や利用のポイントを見てみましょう。

落札だけならアカウント開設のみ

ヤフオク!はもともとYahoo!オークションという名前でしたが、呼称の知名度が抜群であったため、これが正式名称となりました。日本でサービスがはじまったのは1998 年以来、多くの人々が出品・落札を繰り返し、盛り上がりを継続しています。

サービスを開始するためにはいくつかの手順が必要です。まずはYahoo!アカウントに登録しましょう。実はこれだけで落札に関しては自由にすることができますが、出品に関してはこれに加え、Yahoo!プレミアムへの加入やウォレットの登録といったものが必要になります。

新品・中古どちらもくまなくチェック!

タイミングにも大きく左右されますが、ヤフオク!にはさまざまなデジタルデバイスが新品・中古を問わず並んでいます。特に個人が出品する中古品はお手頃な場合が多く、詳細をよく読み、問題がなさそうなら入札をしてみても良いでしょう。

また、ストアが新品を出品している場合がありますが、これも意外に安い場合があります。特に展示品などが出ている時はチャンスです。中古にはなりますが、ほとんど使用されていない新品のようなものですから、価格と比べて高い価値があるケースが多いでしょう。

送料・手数料には気をつけましょう

ヤフオク!で商品を落札する際に注意したいのは送料と手数料です。個人の場合、お店と違って宅配便の価格が正規のものとなり、一般的なネット通販よりも高くなる傾向にあります。

また、相手がヤフーかんたん決済しか支払い方法を認めていない場合、これに準じた手数料が必要となります。それ以外でも、銀行振り込みの場合はたいて振り込み手数料が発生しますので、この部分までしっかり計算した上で、本当に安いのかを判断するべきと言えるでしょう。

また、ヤフオク!はシステム化されているとは言えあくまで個人間取引です。トラブルがあったらすべて自分で解決をしなくてはいけません。入札の際は、この部分をしっかりと頭に入れておくようにしましょう。

個人間取引は一般のネットショッピングとは少し勝手が違います。しかし、見極めさえきちんと出来れば、良い商品を安く購入できる可能性があります。もしも欲しい商品があるのなら、ネットショップの値段を調べつつ、ヤフオク!でも検索をかけてみましょう。思わぬ掘り出し物に巡り会えるかも知れません。

Recommend