Category : 目的別にみるデバイス選択

いつか、クリエイターになる日を夢見て

もしもあなたが動画制作や音楽制作に興味があり、それを目的としてパソコンを購入しようと考えているなら、断然デスクトップがお勧めです。ハイクオリティーな作品はハイパフォーマンスのマシンで作るのが一番です。値は張りますが、創作のためなら惜しまず出資しましょう!

ハイクオリティーが次々ネットで?

YouTubeやニコニコ動画などの、動画投稿サイトには、アマチュアとは思えないほどのハイクオリティーな自主ムービーが次々と投稿されています。彼らの多くは、作品創りを自宅のPCで行い、最終形まで完結させているようです。

また、インディーズのミュージシャンはハイクオリティーなレコーディングをし、CDにまでしているようです。しかもそれが全て、自宅のPCでのみ完結しているというから驚きです。

こうしたマルチメディアコンテンツは今まで、プロでなくては作ることが出来ないとされてきました。しかし実際に現在では、多くのアマチュアが完成度の高い作品を世に送り出しています。一体どういうことでしょうか?

プロ化するアマチュアたち

今や家庭用のPCの進化はめざましく、プロが使うような性能を持ったモデルが数多くリリースされています。パソコン市場の価格も下降気味であり、お手頃な値段で本格的なアイテムが揃ってしまいます。

先ほど紹介した「アマチュアがプロ顔負けの作品を作る」事例は、こうしたハイスペックPCの一般層への普及が大きく関与していると言えます。今まで才能はあるけど、制作するための道具がない、という人々にテクノロジーが広まり、一気に創作意欲が爆発したわけです。

デスクトップでクリエイターを目指せ!

音楽にせよ動画にせよ、制作を行うならまずはモチベーションが一番です。次に必要なのが道具と言えます。 特に動画制作に関して言えば、スムーズな操作を行うためにはそれなりのPCが必要となってきます。ノートパソコンなどではグラフィックス機能がこころもとないため、ここはやはりデスクトップを選んでおくのが良いでしょう。

後々、性能や機能が足りないことに気づいても、デスクトップであればある程度のパワーアップ拡張が可能です。また、長い目で見て、制作に使い続けるなら故障に強い点も考慮したいところです。

ただし、健康には気をつけて

クリエイティブな活動に熱中するあまり、ロクに睡眠や食事も取らずPCに向き合う…それもクリエイターらしい姿ではありますが、身体を壊してしまっては身もふたもありません。ずっと同じ姿勢を続けていれば肩こり、腰痛、肥満、それに血行不良からEDになってしまう可能性もあります。予防のために適宜休憩して軽く運動するようにしましょう。もし発症してしまったら、病院、整体やEDクリニックなど、プロのところに早めに相談に行きましょう。

エンターテインメントコンテンツの作成はある意味自分との闘いです。アイデアが降りてくるまでじっと耐え、ひらめいたら即形にするのが一番。その時に、頼れる高性能マシンがあれば、きっと「買って良かった」と思えるはずです。

Recommend