Category : 目的別にみるデバイス選択

情強なスマホユーザーなら格安simに切り替えよう!

スマートフォンは定期的に新製品がリリースされ、頻繁にラインナップが入れ替わっています。毎回新機能が追加されどんどん使いやすくなるスマートフォンですが、悩みの種がその価格です。端末割賦代金とデータ、通話料金を合わせると毎月一万円以上支払っているという方も多いのではないでしょうか。

そんな中、徐々に注目を集めているのがいわゆる「格安sim」です。端末とプランによっては月々3,000円程度に料金を抑えることが出来ます。もともとスマートフォンに求めるものが少ない、もしくはDocomo、auなどの大手通信事業者にこだわりがない方であれば、導入を検討する余地は大いにあります。今回はこの「格安sim」が持つアドバンテージについてのお話です。

格安simの仕組み

そもそもなぜ格安SIMは従来の携帯料金対して大幅な値下げが可能になったのでしょうか。それを理解するためにはまず「MVNO」というキーワードを知る必要があります。

「MVNO」とは「Mobile Virtual Network Operator」の頭文字をとった略語です。日本語訳では「仮想移動体サービス事業者」となります。細かい定義を知る必要はありませんが、簡単に言うとDocomo、auといった大手通信事業者の通信網を他の事業者で借り上げ、オリジナルの料金体系やサービスで利用者に提供するという仕組みのことです。「格安sim」とはこのMVNO業者が提供しているsimカードの通称です。

以前であれば大手通信事業者が独占していた通信の世界にMVNO業者が参入したため価格競争が生まれた、というのが格安simの料金が実現できた理由です。余分なサービスを削り、価格を下げているのも大手通信事業者との大きな違いと言えます。

格安simは色々な意味で玄人向け

MVNO業者は大手のように全国に店舗を設けているわけではありません。そのため対面での質問、サポートは不可能となっている場合がほとんどです。契約も大抵の場合はインターネット上で行います。そのため、あらかじめスマートフォンや通信の知識を予め持っている人向けと言えるでしょう。

大手通信事業者の通信利用料金がつり上がっている原因のひとつが、全国の店舗に配置している人権費です。通信に精通すればするほど通信事業者のスタッフからの対面サポートは必要なくなってきます。慣れているスマホユーザーであれば契約の内容も自分で理解できますし、わからなければネットで調べるものです。

逆に手厚いサポートを求める初心者の方は、格安simが普及している現在でも大手を利用ことになります。格安simと大手の歴然とした料金差を鑑みても、サポート目的で大手を選ぶのかは個人の判断によるところです。

大手の料金プランには当たり前のように用意されている通話定額オプションのようなものも、格安simではあまり提供されていません。というのも、MVNOでは余分なサービスを削ることで低価格を実現しており、格安simのユーザーは電話をあまりしないという人がほとんどなのです。定額サービスで頻繁に長電話をするような使い方ではかえって大手の料金より高くついてしまう可能性もあります。

このように格安simは「安くなる!」という知識だけで飛びついてしまうのは危険ですが、スマートフォンを長年使ってきた方であれば問題なく運用していけるでしょう。好きなSIMフリー端末に差し込んで使用することも出来ます。うまく活用して携帯料金のコストダウンに挑戦してください。

Recommend