Category : WIN×MAC交わらない平行線?

かっこいいのはMAC、WINどっちだ?モテるPC選び

ITガジェットに求められるのは処理能力や機能だけではありません。道具に愛着を持って作業していけるかどうかは、作業効率に大いに関わってきます。そういった意味で、ITガジェットのデザインも考えるべきポイントとのひとつと言えます。今回はデザインの点からMACとWindowsを比較してみましょう。

Macはやっぱりスタイリッシュ

Appleは昔から製品のデザインにおいて他社と一線を画しています。まだ旧時代的なクリーム色のデスクトップが主流だった頃にリリースされたiMacの衝撃は相当なものでした。現在でもそのスタイリッシュさは輝きを無くしていません。

Macユーザー自信も口々に「Appleの魅力はデザイン」と語ります。Macbookのシンプルでありながら洗練されたユニボディは、モノを持つ喜びを刺激してくれます。カフェで仕事をするノマドワーカーにMacbookが愛されているのも納得です。

iPhone、iPad、MacbookというようにApple製品で固めたときに統一感が生まれるのも魅力のひとつです。もちろん各デバイス間の親和性もバッチリです。一昔前と違い現在はApple製品もカラーバリエーションは豊富ですから、デバイスによってワンポイントを作ることも出来ます。

Windowsはバリエーション豊か

WindowsのPCは複数メーカーからリリースされていますので、MACのように画一化されたデザインではありません。逆に言えばそのデザインはMACよりもバリエーション豊かだと言えます。

いわゆるノートパソコン然とした落ち着いたデザインから近未来的なサイバーなデザインまで様々あります。Windowsユーザーの中には、MACの統一されたデザインを避けてあえて尖ったルックスのPCを使いたいという人も多いのかもしれません。

AppleのMacbookに対して、そのデザインがWindows派のノマドワーカーに愛されているのがMicrosoftの「Surface」シリーズです。カバーと組み合わせればMacbookとは対照的にカラフルな印象となります。SurfaceはタブレットPCとなりますので、タッチ操作が出来るという点もMacbookとの大きな違いです。

男はガジェットのデザインにこだわれ!

一昔前であれば男性の趣味が車でした。高級車やファッショナブルな車に乗っていることがステータスだったのです。今でも車は男性が持つ趣味の代表的なものです。しかし、男性が全員車好きになるわけでは当然ありません。車に取って代わる「デキる男の象徴」、それがパソコンなどのITガジェットなのです。だからこそそのデザインにこだわっていく必要があります。

ノマドワーカーであれば当然人前でノートパソコンを使うことになります。ノートパソコンのデザインはもはやファッションの一部。同じようにデスクトップパソコンであれば当然お部屋のインテリアとして考える必要があるのです。

最近では女性でもITガジェットに精通している人は多いものです。そんな女性をお部屋に招いたときにクールなデスクトップパソコンがあれば印象は確実にアップするでしょう。もちろん女性をオとすために、最終的には男性本人の魅力が必要になります。特にベッドで女性を魅了出来るかどうかは重要です。ED症状をお持ちの方は後悔する前にバイアグラなどの治療薬を手に入れて下さい。手軽だからといってネットで治療薬を通販すると偽物を掴まされてしまう可能性があります。評判のいいクリニックで処方してもらうのが一番です。

道具にこだわる男性はビジネスでもプラベートでも成功します。スタイリッシュなITガジェットはそのためのマストアイテム。PCの買い替えを見当している方は、機能性だけではなくデザインにも留意してPCを選んでみるといいかもしれません。

Recommend