Category : 目的別にみるデバイス選択

iPhoneと最高の相性!Apple Watchは買いなのか?

ウェアラブル端末として各社が開発するスマートウォッチですが、スマートフォンに比べて浸透率が悪く、まだまだ趣味のアイテムとして扱われることが多いです。スマホも最初はそうでしたが、今では必需品となりましたね。

そんなスマートウォッチの中で、大きく注目されているのが『Apple Watch』です。Appleといえば革新的な製品を作る先駆け的な存在であり、そんな会社が作ったスマートウォッチというのは、本当に購入する価値があるのでしょうか?

iPhoneに次ぐ、iPhoneのための端末

iPhoneといえば、全世界にスマートフォンを浸透させるきっかけになった、Appleを代表する端末ですね。そんなAppleが新たな革新を目指して作った、次なる存在がApple Watchなのです。

スマートウォッチといえばあらゆるスマートフォンに対応した商品が多いものの、Apple WatchはiPhoneのみと連携するように作られています。iPhoneがないと多くの機能を生かすことができないため、よりAppleのファンを意識したウェアラブル端末といえるでしょう。

競合商品よりも充実の基本機能

スマートウォッチの基本機能といえば、『スマートフォンの通知を手軽に確認すること』ですね。メールや電話を腕時計で確認できるというのは、特に外出時には便利な機能です。 この通知の確認自体は他のスマートウォッチで可能ですが、Apple Watchはこの点でいえば、他社製品よりも優れた部分が目立ちます。

というのも、メッセージなら音声やテンプレートを利用してApple Watchだけで返信できますし、電話も腕時計からやり取りが可能です。通知と確認しかできない製品が多い中、Appleが一歩先に踏み出している感がありますね。

医療分野でも期待大!ヘルスケア機能で健康を意識する

また、Apple Watchには心拍数の計測機能が搭載されています。この機能も他社と競合していますが、測定結果の精度が非常に高いと評価されており、医療機器を目指しているかのような結果になっています。

実際、Appleも『腕時計の測定結果を医師に見せることで、医療の役に立てる』ことを目標としています。Apple製品のユーザー数から考えれば、健康面でも欠かせないアイテムとして、万人に利用してもらう…そういう狙いがあるのが分かります。

欠点も多い?Apple Watchは本当に買うべきなのか

Apple Watchは、まだまだ未成熟なスマートウォッチの中では一際強い存在感、実用性を確立しているものの、迷わず購入するには不安要素もあります。

例えばその値段ですが、1番安くてもほぼ5万円というのは、躊躇するのに十分な金額ですね。性能から考えると妥当といいたいところですが、競合商品には半額以下もたくさんあると考えれば、割高感は否めません。

さらに、iPhone以外と接続できないこと、接続しないとインターネットが利用できないこともあり、iPhoneユーザー以外には購入を勧めることができないでしょう。

結論としては、『Appleユーザーに限られるものの、ファッショナブルで現状一番役立つスマートウォッチが欲しいなら、値段分の価値が出てくる』となります。 Apple Watchが気になる方はこの点を参考にして、後悔のしない買い物をしてください。

Recommend