Category : 目的別にみるデバイス選択

どうしてAppleを選ぶのか

どうしてApple製品がこんなに高い人気を集め続けることができたのか、という点について、さまざまな角度からお話してきました。 実際に、私自身もAppleユーザーで、これまでにパソコンはもちろんのこと、スマホもタブレットも、ウエラブル端末まで、さまざまなApple製品を使用し続けてきました。 そこで、私自身がどうしてAppleの製品を選び、これまで使い続けてきたのかという点についてお話してみたいと思います。 1ユーザー視点のお話ではありますが、そこからどうしてApple製品がこれまで多くのユーザーに支持されてきたのかを感じ取っていただければ幸いです。

Appleとの出会いは?どうしてMacを選んだ?

私とApple製品の出会いは、1999年のことでした。まだ高校生だった私がバイト代を貯めてはじめてのパソコンとして選んだのがiMacでした。 私がMacを選んだ理由はとてもシンプルなものでした。デザインがあまりに魅力的だったからです。当時はWindows95~98がリリースされ、パソコンと言えばWindows!そんな時代でした。

なので、当然Windowsマシンを購入するつもりだったのですが、パソコン雑誌で偶然目にしたiMacに一目惚れしてしまったのです。価格としても、当時のWindowsマシンのエントリーモデルと比較してもそれほど大きな差はありませんでしたので、Macとはどういったものなのかもわからないまま、初めてのパソコンを購入しました。 現在ではさまざまなメーカーが個性的なデザインのパソコンを開発していましたが、当時はこんなデザインを採用していたのはiMacだけでした。それだけでも、十分に価値を感じることができました。

また、実際に使用してみると、iMacはエントリークラスの価格帯ではありましたが、CPUは当時としては超高速なG3が採用されていましたし、メモリやハードディスクについても十分すぎるスペックでした。また、直感的に使用することのできるMacOSの快適さのおかげで、私はすぐにパソコンに馴染むことができました。 今考えても、初めてのパソコンがこのiMacで本当によかったと思っています。

自然とApple製品を選ぶようになって

iMacのおかげで、コンピュータの扱いにも慣れることができました。すると、サブ機が欲しくなります。その時点で私にとってパソコン=Macとなっていましたので、自然とパワーブックG3、G4とApple製品を選び続けるようになりました。

OSが新しくなるにつれて、多少の変化はありますが、基本的な操作性は変わらず、OSXになると唯一の不満点だった安定性の低さも改善されました。そうなれば、もうMac以外の選択肢を選ぶ理由がありません。 そのまま、スマホはiPhone、タブレットはiPad、ウエラブル端末はAppleWatch…と自然に選ぶようになったのです。

こうして使い続けていても、ほぼ不満を感じることはありません。Appleといえば、ユーザーを驚かせる…そんなイメージを抱いている方も多いかもしれませんが、へヴィユーザーの視点から見ると、不満を感じないので他社に変える理由が見つからない…という点もAppleを選び続ける理由となっています。

Recommend